窓ガラスの大掃除のコツ教えます!サッシや網戸もキレイに仕上げるテクニックとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

窓ガラスが汚くなっていても、そのまま放置している人は多いです。

しかし、そのままにしていると、窓ガラスが汚いだけではなくて、カーテンにも汚れがついてしまいます。

風とともに窓ガラスやサッシ、網戸についた汚れが室内に入ってきてしまいます。

窓ガラスの大掃除をしたいけれど、その効率的なやり方が分からない、という人はかなりいます。

そこで今回は、窓ガラスを始めとして、サッシや網戸を上手に大掃除するテクニックを紹介していきます。

1.窓ガラスの大掃除の手順

ええ

1-1. カーテンを洗濯する

窓ガラスの大掃除をする際には、同時にカーテンも洗うことが重要です。

カーテンはインテリアとしての機能だけではなくて、外からの汚れをキャッチする役割もあるためです。

窓ガラスが汚れているということは、同時にカーテンも汚れているということを意味しています。

せっかく窓ガラスを綺麗にしても、カーテンが汚れたままだと、開け閉めするたびに窓ガラスや室内にカーテンから汚れが飛んでついてしまいます。

大掃除をした意味がなくなりますから、窓ガラスを掃除する際には必ずカーテンの洗濯も行うようにしましょう。

1-2. 網戸を外す

窓ガラスを掃除する際には、面倒でも網戸を取り外すようにします。

特に網戸自体も、取り外したほうが横にすることができるので、とても洗いやすくなります。

網戸によって、取り外し方は異なります。

ただ、最も一般的なのは、両側の上にあるネジを緩めて取り外す方法です。

また多くの場合、外し方が書かれたシールが上部に貼られています。

これを見れば、外し方が一目で分かります。

1-3. 洗剤液を塗る

たいてい、希釈は水3、洗剤1が目安です。

洗剤によって割合は変わってきますから、テキトーにやるのではなくて、必ず使用方法を見て確認しておきましょう。

洗剤液は洗面器に6~7分目ぐらい作るようにします。

窓ガラスを洗剤が垂れてきますから、床にシートを敷いておいたほうが良いです。

効率的に窓ガラスの汚れを落とすためには、洗剤で汚れを浮かせることが大事です。

落ちにくい汚れも洗剤で浮かせることによって、優しく拭くだけで落ちてくれます。

なので洗剤液はケチることなく、たっぷりとつけるのがコツです。

■雑巾で塗る

まずは洗剤液に雑巾を浸します。

雑巾を絞るときは、洗剤液がたくさん残るように優しく絞ります。

水がギリギリ滴らないぐらいが目安です。

そして、窓ガラスの両面に洗剤液を塗っていきます。

ここでは、汚れを拭き取るわけではなく、あくまで洗剤液を塗って汚れを浮かせるのが目的です。

そのため、ゴシゴシと強く擦る必要はありません。

ソフトに撫でるように、塗っていきましょう。

■ブラシで塗る

雑巾で洗剤液を窓全体につけたら、今度はブラシで洗剤液をつけていきます。

ブラシを洗剤液に充分に浸したうえで、特に窓枠のパッキンについている汚れを浮かせます。

サッシに溜まっている砂ぼこりなどの汚れも、しっかりと洗剤液をつけたブラシなら、簡単に浮かせることが可能です。

■スポンジで擦る

さらに雑巾で濡らしただけでは浮き上がらない頑固な汚れについては、洗剤液を含ませたスポンジで擦って浮き上がらせます。

洗剤液の付いたガラス面をスポンジで擦り、こびり付いた汚れを浮かせていきます。

1-4. 水を切る

充分に洗剤で汚れが浮いたら、水を切っていきます。

スクイージーという水切りワイパーを使うと簡単です。

スクイージーがない場合には、良く絞った濡れ雑巾で拭いていきます。

雑巾は上から下へ動かすようにします。

何度も拭いていると、だんだんと洗剤がなくなっていきます。

洗剤が綺麗になくなったら、仕上げのから拭きです。乾いた雑巾で水分が全部なくなるように、丁寧に拭いてきましょう。

1-5. サッシレールの汚れを取り除く

窓ガラスの大掃除が終わったら、今度はサッシレールに溜まった汚れを取り除いていきます。

雑巾で拭いていきます。

大体の汚れは、先につけておいた洗剤で浮いているので、簡単に落とすことができます。

コツは、マイナスドライバーを使うことです。

マイナスドライバーに雑巾を巻きつけて拭いていくことで、サッシの角の指では届きにくいところまで綺麗にできます。

1-6. 窓ガラスの大掃除のコツ

窓ガラス掃除のコツは、最初から固く絞った雑巾で拭かないことです。

乾いた雑巾で初めから拭くと、雑巾に汚れがこびりついて真っ黒になってしまいます。

また、汚れを取るために力を使ってしまって、大掃除が苦痛になります。

そうではなくて、あくまで洗剤と水の力で汚れを浮かせるようにするのが良いです。

浮き上がった汚れを、力を入れずに優しく拭き取るのいうのが賢いやり方です。

そのほうが、乾いた雑巾で拭くよりもより細かなたくさんの汚れを取り除くことができます。

水だけだと、油を含んだ汚れは落ちづらいです。

必ず洗剤と水の両方の力を使って、汚れを浮かせていくのがポイントです。

たっぷりの水を雑巾に含ませて、優しく綺麗にしていきましょう。

1-7. カーテンをつける

窓ガラスがピカピカになったら、洗濯をして綺麗になったカーテンをつけていきます。

カーテンは洗濯後、ちゃんと乾いてからつけなくても大丈夫です。

脱水後、濡れている状態でつけても、皺になることなく乾かすことができます。

特に冬場の乾燥した時期には、濡れたままでつけたほうが部屋の加湿にもなって便利です。

2. サッシの大掃除のテクニック

っっr

窓ガラスは綺麗に掃除できるのだけれど、サッシに手こずってしまう、という人は多いです。

そこで、サッシを綺麗にする大掃除のコツを解説していきます。

2-1. アイテムを使う

サッシは指に雑巾を巻きつけても、なかなか綺麗に拭き取ることができません。

そこで、マイナスドライバーに雑巾を巻きつけたり、使わなくなった古い歯ブラシを用意するのがおすすめです。

サッシは水分が溜まりやすく、場合によってはカビが発生していることがあります。

そのときは、塩素系漂白剤やカビキラーを使うようにします。

漂白剤やカビキラーは、歯ブラシではなくて綿棒を使って塗るのが良いです。

2-2. 面倒でも窓と網戸を外す

サッシの大掃除をするときは、面倒でも窓と網戸を外して行いましょう。

そのほうが、より楽に掃除ができます。また、隅まで綺麗にしやすくなります。

窓ガラスは意外と重く、1人だと落としたり、怪我の恐れがあります。

できるだけ2人以上で窓ガラスを外すようにしましょう。

窓や網戸を外すことによって、サッシの掃除がしやすくなるだけではなくて、窓や網戸の掃除自体もやりやすくなります。

特に窓と窓、網戸と網戸が重なる部分は、外さないと掃除が難しいゾーンです。

2-3. 洗剤で汚れを浮かせる

サッシにこびりついている汚れは、洗剤を使って汚れを浮かせていく必要があります。

特にカビが生えているときには、前述した塩素系漂白剤やカビキラーを使うようにしましょう。

汚れを浮かせたら歯ブラシや綿棒を使って汚れを取り除いていきます。

3. 網戸の大掃除のコツ

っっt

網戸の汚れに手こずっている方もかなりいます。

網戸の汚れは、キッチンから流れた油煙や、外からの排気ガスや土ぼこりなど、様々なもので構成されています。

そのためにちょっと掃除しただけでは落ちにくく、ストレスが溜まってしまう人も大勢いるわけです。

そこでこの項目では、網戸の大掃除のコツを紹介していきます。

3-1. メラミンスポンジを使う

網戸の汚れは、油性のものもあって雑巾で少し拭いただけでは落ちにくいです。

そこで、便利グッズを用意するのがおすすめです。便利グッズとは、メラミンスポンジです。

メラミンスポンジは、100均で買うことができます。

メラミンスポンジを使った網戸の大掃除の手順を紹介します。

・メラミンスポンジに水をたっぷり含ませて絞る

・網戸の上から下、右から左、という順番でメラミンスポンジを滑らせる

・メラミンスポンジで取り切れない角の汚れは、古い歯ブラシで取り除く

・網戸の周りに落ちたゴミを掃除機で吸う

メラミンスポンジで強く擦ってはいけません。

なるべく優しく滑らせるようにスポンジを使うのがポイントです。

すると最後にカスが網戸の周りに落ちますから、掃除機で綺麗にしておきましょう。

4. 窓ガラスの大掃除のコツについてまとめ

っっy

窓ガラスを綺麗に掃除するコツや、サッシや網戸の汚れを落とす方法を解説してきました。

特に共通して言えるのは、力を入れてゴシゴシ擦るのはNGだということ。

洗剤やたっぷりの水で汚れを浮き上がらせたうえで、優しく汚れを取り除いていくのが正解です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。