知っておきたい戸建てのリフォーム、リノベーションについて

240_F_117776436_t5Ddiv4CcCYcv8Ny1NMgRrbh4Jpac09L

新築の家に住んでいる方や、これから新しく家を建てる方は、なかなかリフォームについて考えることは少ないのではないでしょうか。

しかし長く住み続けることを想定すると、20~30年後には必ず向かい合わなくてはいけないのがリフォームです。

その時になって慌ててリフォームをどうするかと考えるよりも、事前にリフォームについて知識を持っておくことは大事なことです。

リフォーム費用も準備しておければ、いざという時に慌てず、納得のいくリフォームができます。

そこで今回は、長く住み続けるために知っておきたい一軒家のリフォームについてご紹介します。

一軒家のリフォームとは

240_F_31675350_391gqdtH1tqSj2KHOBTodoWfd5UDtXVm

一軒家のリフォームの必要性

リフォームとは、家の中や外を作り直す改築などのことです。

家の一般的な寿命は30年前後と言われています。

最近建てた家ならば、耐震性耐久性を考えて作られているものが多いので、家自体の寿命は比較的長いものが多いようですが、家の使い方が雑であったり、メンテナンスを怠るなどのことがあれば、劣化も進みやすくリフォームが早い段階で必要になってきます。

リフォームをするタイミング

また1981年に新築基準法が定められたので、それ以降に建てられた住宅に住んでいる場合は耐震性耐久性の基準も異なるので、家の寿命が心配です。

このように家の劣化が原因でリフォームする場合もありますが、

「新しく家族が増えたからリフォームする」

「階段の上り降りが辛いから、一階の部屋を生活拠点にするためにリフォームする」

「中古住宅に引っ越したが、使いにくいからリフォームする」

など、ライフイベントに合わせてリフォームやリノベーションする場合もあります。

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとは?

皆さんは、リフォームと同じくらいリノベーションという言葉を多く耳にしているのではないでしょうか。

しかし、リフォームとリノベーションの違いを正しく理解している方は少ないようです。

まずリフォームは、住んでいる家の劣化した部分を、「住み始めた当初の状態に近づけること」を言います。

例えば、浴槽にヒビが入ったら浴槽を取り替える、外壁が剥がれたら塗り替えるなどの作業です。

リノベーションとは?

一方リノベーションは、「家本来の機能性に付加価値を付けること」を言います。例えば、保温性を高めるために断熱材を屋根裏に付ける、狭い2部屋を広い1部屋にするために仕切りを取って間取りを変えるなどです。

このような違いから、リフォームよりもリノベーションの方が大規模になる場合が多いので、費用も多額になるケースが目立ちます。

リフォーム、リノベーションが必要になりやすい場所

家の中

まずリフォーム、リノベーションが必要になってくるのは、生活拠点のある家の中です。

特に水回りは劣化が早いので、普段から丁寧に使うようにしてメンテナンスもこまめに行いましょう。

キッチン

240_F_15974511_o85tSgrcfYX7gyL8JnXGV7RuCnKbQwd4

料理をする時や食器などを洗う時は、どうしても水が流しの扉に跳ねてしまいます。

毎回その水を拭き取れれば良いのですが、気付かず拭き取り忘れることもありますよね。

そのようなことが繰り返されると、合成の塗装フィルムがめくれて剥がれてきてしまいます。

また流しの下は湿気が溜まりやすくカビが繁殖してしまったり、湿気で流しの扉の建付けも悪くなってしまうんです。

浴室

浴室の床や浴槽は丈夫に作られていることが多いので、浴室の寿命は約15年と言われています。

浴室の中でも特に劣化しやすいのが、浴槽や浴室を囲うパッキン部分です。

湿気でカビが繁殖しやすい場所でもありますし、パッキンが割れてしまっていたらそこから水が床下に流れ、結果浴室の寿命を縮めてしまうなんてこともあります。

トイレ

240_F_39418406_hEbC52KC1Eo5539i9VFagZA1cZ9zI33p

浴槽同様に、トイレの便器やタンクは丈夫に作られています。

ところが長く使っていると、タンクの位置がずれたり、ヒビが入り水漏れを起こすことがあるんです。

パッキンの劣化やナットのゆるみが原因で水漏れをしているのであれば、修繕は安く済みますが、便器やタンクが劣化してしまったら、新しく取り替えなければいけない場合が多いので、その分リフォーム費用がかさみます。

洗面所

洗面ボール部分は陶器でできているタイプのものが多いので、洗面ボール自体の寿命はかなり長いです。

それに比べ水栓部分は劣化が早く、この劣化が原因で洗面台を一式入れ替えなければいけなくなる場合もあります。

水栓部分がレバーシャワータイプになっている洗面台では、ホースや配管のパッキンの部分が劣化しやすいので、定期的にチェックしましょう。

リビング

240_F_15974554_4b8KhrBQFgJl9mA0uQLXsPvzg5dQhJXb

お子さんのいるお家やペットを飼っているお家は、どうしてもリビングの床や柱が傷つきやすくなってしまうもの。

床は、カーペットやラグで隠れない場所は、張替えが必要になってきます。

柱も少しの傷なら気にせずにいられますが、傷が酷いようならば大規模なリフォームが必要です。

また、日光のあたり具合やタバコの煙などで壁紙が変色してしまう場合もあります。

その場合は、壁紙を部屋一面貼り替えなければいけないので、自分でできる場合は自分で、自分でできないようなら業者に頼んで貼り替えてもらいましょう。

家の外

家の中だけではありません。

気づきにくいですが、家の外もリフォーム、リノベーションは必要です。

外壁

外壁の変色や退色ならそこまで家に被害はありませんが、外壁が剥がれていたりヒビ割れをしていたら要注意です。

剥がれている部分やヒビ割れをしている部分から水が壁の内側に入り、結果家の耐久性を落としてしまうことで家の寿命を縮めてしまいます。

屋根

240_F_85876228_hTcSEhTLXepBNMC65YoboKnkgubEwLpU

驚くことに外壁と同じ位早く屋根の劣化は進みます。

でも普段間近で屋根を見る機会はほとんどないので、劣化に気づきにくく、気づいた時には手遅れというケースも見受けられます。

全面リフォームということも少なくないんです。

ですから、普段気にすることのない屋根に関しても、定期的に業者の人に点検をしてもらうことが必要です。

駐車場

家族が増えると、所有する車も増えることがありますよね。

そんな時は駐車場も増やす必要があるので、庭の一部を駐車場にするということもあります。

駐車場を作る時は、地面をコンクリートにする、ガレージにして屋根を付けるなどの大掛かりなリノベーションになります。

もし屋根付きの駐車場にする場合は、建築確認申請が必要になるので、気を付けてください。

その他

家の内外に関わらず、リフォームやリノベーションが必要な場所はあります。

バリアフリー

年齢を重ねていくと、思うように身体が動かなくなるものです。

そんな時は、階段に手すりを付ける、段差のある所はスロープを付ける、滑りにくい素材の床材に張り替えるなどが必要になってきます。

老後の備えは、若い時から少しずつしていきましょう。

二世帯住宅

240_F_102664590_0sX7sUjZwffKlQn62obbv6Q39kTT33xu

二世帯住宅で暮らす理由は、実家の両親と暮らすことになった、一緒に住んでいた子供が結婚したなど様々です。

二世帯住宅にする際は建て替えるのか、増築をするのか、部屋をリフォームして活用するのかなどいろいろなやり方があります。

費用もそれぞれなので、自分たちにあった方法を家族でしっかり話し合ってから決めましょう。

中古住宅

中古住宅に住む場合は、ホームインスペクターに建物診断をしてもらって、リフォームが必要な場所や費用をしっかり把握しておきましょう。

必要なリフォームした上で、自分たちのライフスタイルに合わせて次のステップでリノベーションを行うことをオススメします。

一軒家のリフォーム費用の目安

一軒家のリフォームの費用は、リフォームしたい場所やリフォームの予算によって変わります。以下はその目安です。

家の中

・リビング:50万円未満~150万円以下
・キッチン:50万円未満~150万円以下
・浴室:50万円以上~150万円以下
・トイレ:50万円未満
・洗面所:50万円未満

家の外

・外壁:50万円以上~150万円以下
・屋根:50万円未満~100万円以下
・駐車場:50万円未満~150万円以下

その他

・二世帯住宅:100万円未満~200万円以下
・中古住宅:100万円未満
・バリアフリー:100万円未満

お家の設備の寿命の目安

家の中

リビング:リビング自体には寿命はありません。

ですがリビングの中には、エアコンや家具などの劣化しやすい設備があるので、それらを買い換えることは必要になります。

キッチン:湿気が溜まることでパッキンは少しずつ劣化していきます。

15年前後がキッチンのパッキンの寿命だと言われています。

また配管も30年~40年で寿命がきます。給湯器は概ね10年程度が寿命と言われています。

浴室:寿命は30年前後で、タイル張りの浴室の場合15年を過ぎたあたりから劣化が始まるようです。

トイレ:便器自体は20年~30年、パッキンなどは10年前後と言われています。

洗面所:最近の洗面台の寿命は15年~20年だそうです。

洗面ボールより水栓部分の寿命と捉えましょう。

家の外

外壁: 塗料によって寿命は変わりますが、5年~15年だそうです。

屋根:粘土瓦のように30年以上の寿命の屋根なら良いのですが、ストレート屋根は10~15年が寿命です。

そのためストレート屋根の場合は、10年ごとに塗り替える事をオススメします。

リフォーム業者の選びのポイント

240_F_140013571_gvRoAU9TayUlQYgMSGyP9yEHdHAZoMIL

リフォーム業者といっても、リフォーム会社やハウスメーカー、工務店などいろいろあるのでどこに頼んだら良いのか分からなくなってしまいます。

そこで、リフォーム業者を選ぶ時のポイントをご紹介します。

複数のリフォーム業者をピックアップする

リフォーム業者を選ぶ時には、3社以上を候補に上げてください。

広い視野を持つことで、お家のリフォームを希望や予算に見合った業者を見つけることができますよ。

何かあった時にすぐに対応してくれる距離

遠く離れているリフォーム会社だと、すぐに対応してくれないなどのトラブルが起こることがあります。

何かあった時のために、お家にすぐに来てもらえる距離にリフォーム会社があるのかを確認しておきましょう。

頼もうとしているリフォーム分野が得意

リフォーム業者によって、得意・不得意な分野はあります。

ホームページやパンフレット、施工事例などを見せてもらって、頼もうとしているリフォームが得意なのかを判断してください。

信頼性・評判

それなりのお金をかけてリフォームをお願いするわけなので、雑なリフォームや納得のいかない対応はされたくないものです。

安心してリフォームをお願いするには、しっかりと信頼性を考慮してリフォームを依頼しなければなりません。

リフォーム業者の信頼性を見るには、

・実績を積んでいるか
・「建設業許可番号」や「一級建築士」がいるか
・業界団体に加盟しているか

などをチェックしておくことが有効です。

アフターサービスや保証

「リフォームが終わった直後に、リフォーム箇所が不具合を起こした」なんてこともまれに起きます。

そうした事後トラブルの対応は、どのようなことをしてもらえるのか、どの位の期間保証されるのかなどは、必ず確認しておきましょう。

対応がしっかりしている

人としての対応がしっかりしている事や丁寧である事は、これからリフォームをお願いし、連絡を取り合う中で重要な事です。礼儀正しくない、時間や期日に遅れる、契約を急かされるなどの事があると、どんなに立派なリフォーム業者でも、気持ちよくリフォームを任せられません。

ホームページやパンフレットなども重要ですが、やはり大事なのはフィーリング。問い合わせの電話の対応や、相談時の対応などもしっかり確認しておきましょう。

リフォームが完成するまでの流れ

240_F_68634522_YWkh7RrCNIcrAEeAg5fr7uuVuZXuqeOF

1.相談

まずリフォームをどのようにしたいかなどの希望や、予算の聞き取りがあります。

そして、実際にお家に来てもらってリフォームが必要な部分のチェックを行います。

実際にお家に行って家の診断をしてもらうだけでも診断費用がかかる場合があるので、事前に確認しておきましょう。

2.見積り

ここで、具体的なプランや費用がもらえます。

見積りが希望や予算に見合っているか、詳しく詳細が書いてあるかを確認しましょう。

リフォームが終わった後に、「こんなはずじゃなかった…」とならないように、分からないことがあれば積極的に聞きましょう。

3.契約

契約の際は、印紙税や工事代金の前金などを払うことになります。

契約をする前に、何にどの位支払うのかを確認してください。

また引っ越しが必要なリフォームの場合は、引っ越し費用や仮住まいの家賃などの出費があります。

自分で計画的にお金を貯めておくことが重要ですが、リフォームローンを組むという手もあります。

4.完成

契約した内容で工事着工し、リフォームを終えます。

5.引き渡し

完成し引き渡しの時に、工事代金の残金を払います。

また大規模なリフォームの場合、新しい家具を揃えることが多いようです。

その場合、リフォーム費用に加えて家具の購入費用などもかかってくるのでリフォーム費用と併せて見積もっておきましょう。

まとめ

240_F_84595561_nPy00TJ1cTtXB9VsjqbwQf4AAmfGY39C

一軒家のリフォームについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

リフォームといっても、小規模なものから大規模なものまで様々です。

自分達のライフスタイルや、ライフプランに合わせて計画しましょう。

その時に納得のいくリフォームをするためにも、しっかりリフォームの費用を把握して前もって貯めていくことが重要です。

リフォームやリノベーションについて自分たちで分からない場合は、ホームインスペクターや専門の業者に相談しましょう。

白蟻駆除へのバナー