意外と重要!騒音の仕組みと防音対策にかかる費用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
意外と重要!騒音の仕組みと防音対策にかかる費用

騒音に関するトラブルは、賃貸住宅はもちろん一戸建て住宅であっても避けては通れない問題です。

たまにテレビでも大きく取り上げられることがあるように、些細なようで大きなトラブルに発展する可能性があるのが騒音。

日本に住んでいる以上、おそらく誰もが気にしなければいけない問題なのです。

一戸建住宅に住んでいる人は、マンションと違い建物が独立していることが多いので関係ないと思っている人も多いかもしれませんが、そんなことはありません。

実は意外と騒音に関するトラブルは起こっているのです。

音の感じ方には個人差があるため、ちょっとした音でもまったく気にならない人もいれば、わずかな音でも気になってしまうという人もいます。

この感覚が近隣住宅同士でズレているとトラブルになることがあるので注意が必要です。

音の仕組み

240_F_121678552_2YzHg7WDVgozQJG8vm3auBPTXlPdwado

最初に「音」にまつわる基本的な情報から見ていきましょう。

音の周波数

「音」は振動しながら、1秒間に約350メートルの距離を進みます。

この1秒間に空気が振動した回数を「周波数」と言い、「Hz(ヘルツ)」という単位で表します。

人間の耳が感知できるのは、この周波数が20Hz~20,000Hzの間で、その中でも特に感知しやすいのは500Hz~1,000Hzの間と言われています。

音の大きさ

音の大きさは、デシベル(DB)という単位で表します。

このデシベルの数値が大きければ大きいほど、人間の耳は大きな音だと判断します。

人間の声で例えると、通常の話し声は60dB程度で、少し大きめの話し声は70dB程度の大きさです。デシベルは10dBが上がると、約2倍の大きさの音に聞こえるようになります。

騒音は、この耳が感知できる周波数と大きさを表すデシベルを抑えることでトラブルを防ぎます。

これを行うのが「防音対策」です。

防音対策には、大きく分けて「吸音・遮音」という2つの方法があります。

自宅の防音対策

240_F_51083257_eDrcwfXZaTqUyOyws48KKfyDY1LXHWQm

吸音による防音対策

吸音とは、音が持つ周波数〔Hz(ヘルツ)〕を吸音材で吸収させて音の振動を抑える方法のことです。

吸音は、「吸音材」と呼ばれる素材で遮ったり、音の発生源事態を吸音材囲んだりすることで行います。

遮音による防音対策

遮音は、音が持つエネルギー〔dB(デシベル)〕を壁など遮音性の高いものによって遮り、通過する音(透過音)を小さくします。

防音したい壁や場所に鉛などを含む材料を仕込んで隙間をなくす方法が一般的です。

鉛などを二重に仕込み、さらなる防音性を目指すこともありますが、同じ材料(構造用合板やコンパネなど)を二重、三重にしてもあまり効果は見込めません。

もし、同じ材料を二重に使って遮音する場合は、壁と壁に隙間を開けて、その隙間にグラスウールなどの吸音材を挟むとより効果的です。

以上のことから防音対策には主に吸音と遮音があり、それに応じた対策が必要だということが分かります。

防音対策には費用はどれくらいかかる?

240_F_55506910_SfrMSjM6ttLvwmxgs5ew9vOUpaOtPlui

防音対策はある程度の規模の工事が必要になるため、どうしても費用がかかってしまいます。

それではどれくらいの費用がかかるのかというと、実は防音工事には「相場」といわれるものは存在していません。

一般的なリフォームと違い、特殊な工事になるからです。

その工事の複雑さのため、しっかりとした専門知識や専門技術、そして豊富な施工経験が必要とされるようになります。

住宅の状況や必要な性能によっても、かかる費用は異なってくるのです。

しかし、ある程度は目安というものがないと、実際の工事にかかる費用が想像できません。

そこでよく使用されるのが1坪あたりにかかる費用です。

一般的に「防音対策」の工事は「坪あたり40万円から」と言われています。

つまり部屋の面積が5坪なら、少なくとも200万円以上の費用が必要になると考えておけば大きく外れることはないでしょう。(1坪の面積はおおよそ2畳です)

ただし、この費用は建物の条件、どのような遮音レベルを目標とするのか等によって変動しますのでご注意ください。

まとめ

240_F_86988577_OI8HqYGZFwlI45EDEjWZ34ox3PW7LIja

住宅の防音は費用がかかるため、意外と対策を取られていない方が多いのではないでしょうか。

しかし、実際に騒音で近隣の住民とトラブルになって困っているという人も多いはずです。

上手く防音対策をとって、トラブルを未然に防ぐのが望ましいですよね。

騒音については、こちらの記事もご覧ください。

おうちのメンテナンス・リスクに備えましょう

テオリアハウスクリニックが一戸建てのオーナー様のために開発した「おうちメンテナンス計画」は、お住まいの修繕積立金の積み立て金額を自動で計算できるツールです。 全ての機能を完全無料でお使いいただけます。面倒な文字入力もなく、1分で簡単に結果が出ます。思わぬ出費に慌てる前に『おうちメンテナンス計画』で、長期修繕計画を立てましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。