どうせ家を建てるなら!憧れの注文住宅

設計の画像

多くの人にとって、住まいというのは人生を左右する大きな要素です。

人によっては、立地の面や価格、維持管理といった面から、マンションやアパートに価値を見出すでしょうし、家が自分だけのものになる一戸建てで大きな満足感を得られる方もいます。

特に一戸建てであれば、家の間取りや細かい部分も決められる「注文住宅」はとても魅力的です。

大きな買い物になるからこそ、自分でとことんこだわりたいと思うのは自然な事ですね。

そこで今回は、注文住宅の魅力を掘り下げ、実際に建てるまでの流れをご紹介します。

注文住宅の魅力とは

240_F_159394317_K5MVamxzpaXBVTm0WQHENclNtx5lPOGa

自由度の高さ

注文住宅の魅力と言えば、その自由度の高さが挙げられるでしょう。

もともと建てられた家を売っている建売住宅や、間取りが決められている規格型の住宅、分譲住宅エリアに複数建設された中で分けて売られている分譲住宅。

それぞれと比較しても、そのデザインの自由度は圧倒的です。

料理をされる方なら「キッチンには素敵な調理台やカウンターをつけたい」、ガーデニングをされる方なら「広い中庭が欲しい」、お子さんのいる方は「子供部屋は、しっかりしたものを用意しておきたい」など、家族それぞれのライフスタイルに合わせて家を造る事ができます。

他の住宅ではそうした「こだわり」の部分を犠牲にしている分、コストが安く、建築・入居までの時間も短いですが、住んでからの満足度は、やはり注文住宅が一番でしょう。

ニーズに応じて予算の調製が可能な住宅

注文住宅は、自分がこだわっている部分に予算を振り分けられるという長所があります。

建築資材についても自分で選択するため、こだわる部分へコストをかけ、あまりこだわらない部分の資材コストは抑える…といった事も可能です。

ちなみに一言で注文住宅といっても、建築資材全てをプランニングするものは「フルオーダー住宅」、ある程度の仕様が困っていて、設備や間取りを選択するものは「セミオーダー住宅」と呼ばれています。

施工会社を選べる

決定の画像

注文住宅はゼロから家を建てるため、土地を確保すれば、どんな施工会社を選ぶかは発注者の自由になります。

まさしく、建設にあたってのパートナーを自分で選び出すわけです。さまざまな業者に見積もりをとってもらい、最も納得のいくプランを選択しましょう。

また、地域で評判の良い施工会社を探してきて、依頼することもできるでしょう。

とても大きな買い物になる以上、それを建てる「人」「会社」にも納得がいく形にしたいものです。

あなたの家は世界でたった1つだけ

精神的なメリットですが、注文住宅として建てられた家は、まさしく世界でたった1つだけのあなたの住まいです。

他の誰でもない、あなたとあなたの家族にだけ用意された空間であると言えます。

せっかく注文住宅にするのであれば、外観、内装ともに個性を十分に引き出していきましょう。

建設途中の状況をチェック可能

ゼロから創りだすのが注文住宅。

最初の段階から完成まで、建設している過程をチェックできるのは大きいですね。

もちろん、施工業者も点検は欠かしていませんが、この先数十年住むのは施工主であるあなたです。

手抜き工事など万が一にも無いように、自分の目でチェックしておきましょう。

施工業者としても、施工主がいわゆる抜き打ちチェックにいつくるかわからないというのは、工事に対して真面目に取り組む要因になりますね。

逆に建売住宅の場合は、施工途中のチェックがいくら杜撰であったとしても、出来上がってからチェックするというのは困難なのです。住んでみてから欠陥が発見することになってしまいます。

注文住宅を建てるには「土地」が必要

240_F_60052898_uKoRqyNTnn6Rqe2OJCIO481VhEYwmsHW

建売住宅との大きな違いとして、注文住宅の場合はまず「土地の確保」というプロセスから「建設工事」のプロセスという2段階を経る必要があるということです。

すでに注文住宅を建てるための土地がある、という方は別ですが、そうでなければ土地探しから始めなければなりません。

そもそも土地の形や、土地のある地域の規制などによっては、自分が望む注文住宅の建築プランに支障が出ることもあり得ます。

そのため、土地を見つけてから建築イメージを練るよりも、自分の建築イメージを実現できるかどうかで、土地探しを行った方が後々良いでしょう。

土地を探す際は、家族全体のライフスタイルをしっかりと考慮して行った方が良いですね。

働いている人や学校に行っている人がいるなら、仕事場や学校との距離、周辺の生活インフラの整い具合を考えながら探していきましょう。

あまりにもスーパーや商業施設、いざという時の病院から離れていると後々不便を感じてしまいます。

そして駅まで徒歩や車(バス)で何分かかるかというのも、重要な選択ポイントとして押さえておきたいですね。

また、資金についても当然有限ではありません。

あまり土地に購入資金をつぎ込んでしまうと、今度は建築資金にも影響を及ぼしかねません。

自分が建てたい建物のデザインや設備を想定し、土地購入にどのくらいの資金を割けるかを計算しておきましょう。

土地に関しては、ある程度エリアで地下相場を調べられるので、注文住宅に必要な土地面積を確保するには、どのエリアが良いかは事前に絞り込めます。

エリアを幾つかに絞り込んだら、そのエリアに強い不動産会社に依頼して、おすすめの土地候補を探してもらいましょう。

資金が潤沢にあれば別ですが、一般的にはそう簡単に理想に近い土地候補が見つかるまでには時間がかかってしまいます。

時間が確保できるのであれば、長期間にスパンで当たりたいものです。

もし時間が限られているのであれば、多少土地の条件を落としながら探していきましょう。

長期・短期にしても、ある程度は期限を決めて探した方が良いのです。

自分が決めた期限内に出てきた候補の中から、最良の土地を選択していきましょう。

土地を決定する際は、自分(家族)にとって優先的な条件をあらかじめ決めておいた方が良いのです。

それらの条件がクリアしていれば、後は妥協するくらいの気持ちで臨みましょう。

土地の画像

施工会社を決定しよう

土地の購入を検討するのと並行して、あなたのイメージする建物を具現化してくれる施工会社を探しておきましょう。

施工会社にはハウスメーカー、工務店、設計事務所が想定されます。

ハウスメーカーは広範囲で展開している住宅建設会社です。

いわゆる大手と呼ばれる所が多く、クオリティも確保されやすいですね。

地域密着な工務店であれば、細かいニーズにも応えてくれるところもあります。

また、より個性を出していくならば設計事務所に依頼するという手段もあります。

土地探しと並行して施工会社決めを行う理由としては、自分がこれから購入する土地に、イメージする建物が果たして建てられるかどうか?

コストが見合うかどうかを見積もってもらえるからです。

施工会社を決めるためには、インターネットで調べたり、住宅雑誌を見たり、住宅展示場を巡ったり、実際に建てられた物件を見てみたりと、かなり地道な作業が必要になります。

こうした活動の中で、自分たちのイメージに合う物件を建てた施工業者を絞り込んでいき、実際に資料請求してみましょう。

よく、知人や不動産会社に勧められて…というケースもありますが、そのスキルや実績、特徴まで把握して紹介しているケースは少ないと言えるでしょう。

あまり人任せにせず、自分で納得のいくまで調べることをオススメします。

場合によっては、不動産会社に施工を任せることで、ケースバイケースではありますが建築コストを抑えることもできます。

敷地調査と地盤調査を経て土地購入へ

土地も施工業者も決定したら、実際に注文住宅を建てる事が可能な土地かどうかを調べる必要があります。

こちらは施工業者が調べてくれます。

土地によっては周辺の道路の長さによって建てられる高さが制限されていたりするので、法的制限については事前に必ず調べましょう。

方位や周辺建物、高低差、インフラ条件についても、敷地調査でしっかり把握しておくことが大切です。

さらに、建築する建物を支える地盤の調査も重要です。地盤が緩い場所になると、地盤改良などの工事も必要になり、コストが上がってしまうことがあります。

市役所や区役所にある都市計画課といった部署にいけば、周辺の土地情報について調べることもできます。

ただし、自分が購入する土地のピンポイントな地盤に関しては、ボーリング調査といった地盤調査をしなければ完璧には把握できません。

基本的に、土地の周辺に海・川・池といった水場があると地盤は緩くなります。

地盤に関しては、大地震への耐性にも繋がりますので、土地選びの重要な判断材料ですね。

実際に土地を購入する前には、不動産会社から土地に対して「重要事項」を説明してもらい、そこで確認が済んだら土地契約に移ります。

家の画像

建物のプランニング

土地が確保できれば、いよいよ建物のプランニングを行います。

注文住宅の醍醐味とも言える部分ですね。

ただし細かい部分まで全てを自分たちで決めることは難しいので、自分たちのイメージやニーズを挙げていき、その条件で施工会社にプランニングをしてもらいましょう。

・住む人の人数と年齢構成
・車・バイク・自転車のスペースは必要か?
・庭は必要か?
・リビングやダイニングはどのくらいの広さが欲しいか?
・子供部屋の間取り
・玄関、バルコニー、トイレ、収納

といった細かい間取りについてなど、まずは間取りについてイメージを固めていった方が良いでしょう。

「リビングは吹き抜けにして欲しい」、「お風呂は広めにして欲しい」といった強いこだわりがあるのであれば、この段階で申し出ておきましょう。できれば優先順位をつけていくと、施工会社もプランニングがやりやすいですね。

間取りがイメージできてきたら、建物の資材についても検討してきます。

断熱性能をつけていったり、耐震構造を強化したり、それぞれの設備のグレードをどの程度のものにするかなど、こちらも重要なプランニングです。

こうして、プランニングされてきた段階で、最終的なコストが見えてきます。

注文住宅は積み上げ方式になので、あれもこれもとニーズを出しているだけだと、とんでもない金額になりがちです。

プランニングの途中で大まかな土地や建物の図面が決定すれば、施工会社はその段階から予算の想定をしてくれていますので、それを基準にして資材や設備を決めていきましょう。

そもそもの限度額が決まっているのであれば、事前に施工会社に伝えておきましょう。

想定外にコストがかかるニーズが出てくれば、その段階で注意してくれますよ。

プランと金額が決定すると、「建築設計図」「建築見積」「工事請負契約書」「工事請負契約締結書」の書類を施工会社が作ってくれるので、こちらをチェックした後に請負契約を結びます。

施工会社と共に作成した建築プランについては、法令に沿っているかどうかを行政に審査してもらうことになります。

こちらは通常は施工会社が行ってくれますが、晴れて建築確認済証が交付されれば、工事に着手することができるんです。

建物の施工

いよいよ施工が開始されますが、その前にやっておきたい事もあります。

工事が無事終わる事を祈る地鎮祭を行う場合もありますし、工事中には近隣に工事音などで迷惑をかけることになるため、事前に挨拶をしておく必要があります(施工会社が代わって行ってくれる場合もあります)。

施工が開始されたら、完成するまでは何度かは工事現場に行ってみましょう。施工主がチェックをすることで、現場としても引き締まりますね。

またプランの変更にも対応してくれる場合もあります。

着工されたら、基礎工事が行われ、木工事、屋根工事、外壁工事を経て屋根を組み上げる上棟というのが流れです。

この段階で上棟式が行われる場合もあります。外部が出来上がったら、床や壁を張っていき、さらに電気などの設備工事を行っていき、すべての工事が完了したら「竣工」です。

建物の引き渡し

竣工されたら、引き渡しされる前に建物のチェックを行います。中の設備がしっかり稼働するかを確認し、各所に傷や汚れがないかも見ておきましょう。

さらに行政や第三者機関によって「完了検査」を受けることも必要です。

これで検査が通れば、「検査済証」の交付を受ければ手続きは終了となります。

設備などで不具合があれば修理してもらい、引き渡しをしてもらいましょう。

設計の画像

まとめ

注文住宅は建売住宅などと違い、完成までかなりの労力がかかります。

また、ニーズとコストに対してのバランス感覚も大切ですね。

しかし苦労すればした分だけ、竣工して受け渡された時の喜びは大きいものになるはずです。

施工にあたって間違いの無いように、事前に知識をつけてじっくりと造り上げていきましょう。

白蟻駆除へのバナー