外壁を長持ちさせる3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

築10年ぐらいを目安に、家の外壁をメンテナンスする家庭は多いです。

しかし、外壁をリフォームがいらないものに最初からしてしまえば、塗り替えも必要なく、経済的です。

ただ、そのようなメンテナンスのいらない外壁材がそもそもあるのか、疑問に思うでしょう。

実際のところ、メンテナンスが永久的にいらない外壁材は、今のところ作られていません。

ですが、かなりそれに近い外壁材はあります。

メンテナンスは必要なものの、簡単にそれができる素材です。

また、劣化しにくく、汚れがつきにくい外壁材もあります。

今回は、こういった外壁材を始めとして、既存外壁のメンテナンスやり方など、長持ちさせる3つの方法を解説していきます。

1. 耐候性の高い塗料を選ぶ

っm

外壁を長持ちさせるためには、耐久性の高い外壁材を選ぶということだけではなくて、今ある外壁の耐候性(塗料が変色や劣化を起こしにくいこと)を上げるという視点が大切です。

そのためには、耐久性の高い塗料を使用するのが非常に効果的です。特に最近では、高い耐久性を持つ塗料が選べるようになっています。

1-1. 耐久性の高さなら「無機ハイブリッド塗料」がおすすめ

特におすすめの耐久性が高い塗料は、「無機ハイブリッド塗料」です。

この無機ハイブリッド塗料とは何かというと、従来の有機塗料に無機塗料を掛け合わせたものです。

無機塗料は、無機物質を主成分とした高い耐久性を有する塗料です。

無機塗料は極めて耐候性が高く、汚れがつきにくいものです。

しかしその一方で、非常に硬いためにひび割れが起こりやすいという弱点を持っています。

この弱点を補うために、柔らかい有機塗料と掛け合わせた無機ハイブリッド塗料が生まれたわけです。

無機塗料の高い耐候性を有しながら、有機塗料の柔軟性も併せ持つ、画期的な外壁塗料となっています。

外壁を長持ちさせるためには、この無機ハイブリッド塗料によって、メンテナンス性を強化していくのが効果的です。

2. 目地の耐候性を高めることが外壁全体の長持ちにつながる

サイディング

サイディング系の外壁やタイルのつなぎ目には、目地があります。

目地は動きを吸収する機能があって、地震などの揺れで外壁がダメージを受けるのを防ぎます。

また、雨水が建物内部に浸入しないようにする役割もあります。

この目地は、外壁よりも早く劣化することがあります。

目地に亀裂やひび割れが入ります。

すると、本来の機能を果たせなくなって、外壁が壊れやすくなったり、雨水が浸入して内部劣化が一気に進行してしまいます。

このように、外壁を長持ちさせるためには、目地の耐候性にも気を配ることが大切です。

2-1. シーリング目地とタイル目地

目地は、特に外壁材の種類によって、シーリング目地とタイル目地の2つに分けられます。

①シーリング目地

シーリング目地は、サイディング外壁のつなぎ目に、シーリング材が注入されたものです。

一般的なシーリング材は、大体10年で劣化が始まります。

最近では、特に耐久性の高いシーリング材が出るようになっています。

初期投資が高くても、あらかじめこういったシーリング材を選んでおけば、メンテナンスを減らして外壁を長持ちさせることが可能になります。

■高耐久のシーリング材・プラチナシール

http://www.nichiha.co.jp/wall/yogyo/siding_21.html

②タイル目地

タイル目地は、タイル外壁のつなぎ目を言います。

タイル目地が劣化して雨水が浸入するようになると、タイルを貼り付けている接着剤が溶けてしまいます。

すると、タイルがだんだんと剥がれ落ちていきます。

あらかじめ吸水防止材を選んでおくことによって、こういったリスクを抑えて外壁を長持ちさせることができます。

吸水防止材は、塗料の一種です。

タイル目地に浸透して雨水の浸入を防ぐ機能を持っています。

万が一、雨水が入ってきても、それを蒸発させるだけの通気性も有している優れものです。

この塗料を使っておけば、格段にタイル目地の耐久性を向上させることができます。

タイル外壁を長持ちさせるために、かなり重要な役割を果たしてくれます。

■アステックペイント「ジョイントシールド」

製品情報

3. 耐久性の高い外壁材を選ぼう

外壁材

あらかじめ耐久性の高い外壁材を選ぶことは、やはり外壁を長持ちさせるために大事なポイントです。

外壁の張替えを行う場合にも、より耐久性の高い外壁材を選んだほうが良いでしょう。

各種ハウスメーカーは、それこそ長持ちする、メンテナンスをする場合にも簡単にできる素材を提供しています。

この項目では、具体的にどういった外壁材が発表されているのか、老舗メーカーである積水ハウスとへーベルハウスを例に解説していきます。

3-1. 積水ハウスの「ベルバーン」

まず、積水ハウスでは「ベルバーン」という高耐久の外壁材を発表しています。

これは、陶器と同じ材料で、作り方も陶器と同じという一風変わったものになっています。

陶器と同じ素材なために、火や熱に強いという性質を持っています。

硬いのも特徴です。

台風など風が強いときには、外壁に色々なものが飛んできます。

通常の外壁だと傷がついてしまいますが、ベルバーンは傷がつきません。

それぐらいの硬度です。

ただし、この硬さはメリットでもあり、時としてデメリットにもなります。

たとえば、エアコンなどの設置工事にあたって、強引に穴を開けてしまうと、そこから大きくひび割れが発生するという危険があります。

穴開けなど加工の際にかなりシビアになるのがデメリットです。

価格は、やはり外壁材のなかでは高めになっています。

しかし、耐久性がずば抜けているのはもちろんのこと、デザイン性が高く人気があります。

外壁はひび割れなどがなくても、時を経るとどうしても色あせを起こしてくすんで見えるということがあります。

ですが、このベルバーンは陶器とほとんど同じ素材であるために、そういった顕著な色あせが発生しにくいです。

むしろ、時が経てば経つほど、深みが出てよりお洒落に見えるということもあります。

メンテナンス性も高いです。

定期的にさっと外壁を掃除するメンテナンスだけしておけば、汚れは簡単に落ちます。

スタイリッシュで長持ちする外壁が良い、という人におすすめです。

出典:http://www.sekisuihouse.com/products/shawood/bell-b_sp01.html

3-2. へーベルハウスの「へーベル」

へーベルハウスが発表する高耐久の外壁材は、トバモライト結晶を含んだALCコンクリート「へーベル」です。

強度が非常に高いのはもちろんのこと、雨水の浸食やシロアリの繁殖も防ぎます。

火にもかなり強いのが特徴です。

デメリットは、かなり改良はされているものの、重量があるということ。

地盤がゆるかったり、3階建てなど高さがある家の場合には、重さがネックになる可能性があります。

デザインもシンプルで好評を集めています。

ストライプ・タイル・レンガなどのバリエーションがあります。

へーベルハウスで家を建てたような場合には、必ずおすすめされます。

シンプルなデザインで耐久性にこだわった外壁材にしたい、という人に適しています。

出典:http://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/feature/index.html/?link_id=globalnavi_abouthebel

4. 既存の外壁材を長持ちさせる表

長持ち

最も使われていることが多い外壁材が、サイディング(窯業サイディング・金属系サイディング)と貼りタイルです。

そこで、それぞれのメリットやメンテナンスの時期、長持ちさせる方法について、ポイントをまとめた表を以下に掲載します。

 

外壁材名 メリット メンテナンスの時期 長持ちさせる方法
窯業サイディング メンテナンスが簡単
見た目や防水機能が高いものなど種類が豊富
10年 耐候性の高い塗料・シーリング材を塗る
金属系サイディング 防水性が高い
ひび割れしにくい
錆びにくいものもある
10年 無機ハイブリッド塗料・耐候性の高いシーリング材を使う
貼りタイル 耐久性が高い
デザイン性が高い
15年 吸水防止材を塗る

5. 外壁を長持ちさせる3つの方法についてまとめ

ol

既存の外壁を長持ちさせるには、まずは塗装が有効です。

耐久性の高い塗料を選ぶようにしましょう。

目地から外壁全体の劣化につながることもあるので、目地のメンテナンスも重要です。

建設の段階や張替えのタイミングでは、外壁材の種類に気を配ることも忘れてはいけません。

目的や機能、デザインや予算を勘案して、最適なメンテナンス方法を選べば、外壁を上手に長持ちさせることができます。

(画像出典:photoac)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。