小さくてもスゴイんです!知っておきたいスモールハウス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近では「小さな家」が注目を集めるようになっています。

小さな家は、良くスモールハウスと呼ばれています。

他にも、タイニーハウスや狭小住宅、小屋などと呼ぶこともあります。

どれにも共通しているのは、最小限度のスペースと機能を持った建物だということです。

規模が大きく、有り余る機能がつけられたいわゆる「豪邸」とは反対に位置するのが、スモールハウスだと言えます。

スモールハウスのメリットは数多くありますが、1つはやはりコストが安いということです。

しかし、安くても小さな家は貧乏臭くて嫌だ、やっぱり高層の分譲マンションが見栄えも良くて好き、という声が聞かれます。

確かに豪邸やタワーマンションにも魅力はありますが、スモールハウスにも余りある個性と優れた点があります。

場所にもよりますが、特に都心では土地が高くなります。

そういった日本の土地事情からも、スモールハウスを検討する意義は大きいです。

限られた土地を有効に利用して開放的な設計をしているアイディアスモールハウスが、最近では多く作られるようになっています。

貧乏臭い、生活しにくい、というデメリットを克服したスモールハウスが多く出るようになっています。

今回は、そんな魅力的なスモールハウスについて解説していきます。

1. スモールハウスの魅力を知ろう

x

1-1. 狭小建売住宅のデメリットを克服できる

あ

特に都心部の場合、限られた区画の中で、小さな戸建が肩を寄せ合うように整然と存在している光景を良く目にします。

これは、「ミニ開発」と呼ばれています。

いわばミニマムな戸建の建売群です。隣家との間隔が50cmは当たり前という住宅たちです。

小さい家のなかに、それなりの室数を落とし込むために、小部屋が詰め込まれているような感覚になります。

これならば、マンションに住んだほうが良い、と考える人も多いです。

やはり経済効率を考えて、広い戸建と同じ室数をそのまま小さい家に入れていくために、どうしてもスケールダウンしてしまいます。

これに対して、スモールハウスはまったく方向性を異にしています。

小さな家に全てを詰め込むという発想ではなくて、あらかじめ住む人にどの部屋の優先順位が高いのか、ということを聞いておいて、そのうえで取捨選択をしながら部屋割を決めていきます。

日当たりや景観、周囲の環境などを配慮しながら、どういった建築が適切なのか、といったことも考慮して作られます。

デザイン性も非常に高く、ダイナミックな吹き抜けが作られたり、一方で、無駄を削ぎ落としたコンパクトな寝室が置かれたりします。

このように、狭小建売住宅とは異なり、スモールハウスには開放的で芸術的、そのうえ利便性を備えるといったことが期待できます。

1-2. マイホームの購入がもっと気軽にできる

s

家は、人生のなかでも特に大きな買い物になります。

手持ちの資金と相談しながら、どの家なら大丈夫なのか、そういったことはシビアに判断しなければなりません。

理想の家が資金の関係でいつまでも建てられない、という人は多いです。

こういった問題を解決しえるのが、スモールハウスです。

やはり居住スペースは大きくなればなるほど、コストも高くつきます。

スモールハウスは、あくまで限られた居住空間というのがコンセプトにありますから、コストパフォーマンスは極めて優秀です。

小さな家では、自分の理想を盛り込んで建築家に設計を依頼したとしても、平均的な分譲マンションと同じぐらいの価格で抑えられます。

建築費は1000~2000万円が相場になります。

そのうちの10~20%を建築家に設計料として支払います。

これに土地代が加わることになります。

大きな家を買って何十年も住宅ローンに追われる生活よりも、スモールハウスを買ってローンのない生活のほうが、色々な意味で豊かに暮らせるかもしれません。

特に最近では、1000万円以内でも高品質のスモールハウスが出るようになっています。

そうなってくると、大きな家を購入した場合との経済的リスクが、あまりにも変わってきます。

実際にフルローンで家を購入して、いくら働いて稼いでも家のローンと生活費でほとんど手元にお金が残らない、と嘆く男性は多いです。

本当にそれだけのスペースを持った家が必要であれば、お金が残らなくても生活のために仕方がないと思えるでしょう。

しかしながら、実際には、スモールハウスで充分な、それ以上にスモールハウスのほうが快適に過ごせる人が、普通の一戸建てやマンションを購入して嘆いている現実があります。

1-3. ミニマル化した生活と相性が良い

w

近年では、特に生活自体がミニマル傾向にあると言われています。

それこそ、親戚づきあいはあっても、そうそう頻繁に家に来るわけではなくて、1年に1回会うだけ、ということはよくあります。

核家族の増加や少子化、未婚者数の増加、1人暮らしの高齢者の増加など、生活モデルがどんどん少人数に、よりミニマルになっている傾向が社会的にあるわけです。

そうであるならば、広い家を購入したところで、その広いスペースを持て余してしまう人も多いということです。

そんな社会の状況に合っているのが、まさにスモールハウスだと言えます。

スモールハウスを広めているのが、yadokariです。

スモールハウスと言えばyadokariというぐらい、今日本ではトップを走っているスモールハウスブランドです。

その代表者は、「家を購入するのは一大事過ぎるから、もっと気軽に家を捉えませんか?」という考えにもとづいて、スモールハウスを始めとしたミニマルライフを提唱しています。

yadokariのHP(http://yadokari.net/)では、そういったミニマルライフに関する情報を伝えています。

更新頻度も高く、スモールハウスに興味がある人は非常に参考になります。

1-4. 掃除が楽になる

い

大きい家に住んでいると、どうしても掃除が面倒に感じてしまいます。

お手伝いさんなど、掃除のサービスを提供する業者も多くなっていますが、決して安いとは言えません。

掃除は1回すればそれでずっとしなくても良い、という性質のものではありませんから、永続的にコストが発生してしまいます。

しかし、小さな家であれば、当然ですが床面積が少ないために掃除が楽になります。

毎日の掃除が楽になるだけで、大きくストレスがカットされます。

1-5. 無駄のないシンプルな生活が可能になる

お

小さな家の場合、置ける物に限りがあります。

そのため、何が本当に必要なのか、といったことを常に考えるようになります。

これは、無駄な物の衝動買いを抑えることにつながります。

本当に必要な物だけを部屋に置くという、限りなくシンプルな生活を送れるようになります。

特に趣味に関する物は、スペースを必要とすることが多いです。

そういった物に関しては、近くにレンタル倉庫を借りてそこに保管する人がほとんどです。

今ではレンタル倉庫が多くなっていて、利用者も増えています。

1-6. メンテナンス費用をカットできる

j

家は定期的に屋根や外壁など、メンテナンスをする必要があります。

こういったメンテナンス費用もランニングコストとして馬鹿にはなりません。

このようなメンテナンスに関するコストも、スモールハウスは最小限度で抑えることができます。

1-7. 安心感のある生活ができる

h

スモールハウスは空間が限られます。

これにはデメリットばかりではありません。

広い部屋にぽつんと人が存在するよりも、ある程度狭いところのほうが、周りが囲まれていて安心感が芽生えることがあります。

小さいときに、押入れを秘密基地にしたりして、満足感や安心感を味わった経験がある、という人は多いです。

そういった感覚が、スモールハウスに住んでいると呼び起こされてきます。

限られた空間であっても、吹き抜けを上手く利用することで開放感を得ることができます。

実際以上に広々と感じられます。

2.スモールハウスについてまとめ

っh

家と言えば、一生で一番大きな買い物、というのが今までの常識でした。

しかし、スモールハウスの登場によってその常識が変わってきています。

もっと気軽に家を捉えて、自由に豊かに暮らそうとする考え方は、まさに今の多くの人の考え方やライフスタイルに合致していると言えるでしょう。

噂では、大手のホームセンターであるIKEAが本格的にスモールハウスの販売を企画しているそうです。

これからもっと、スモールハウス市場が拡大していくことは確かです。

その波に乗って、将来のマイホームの選択肢に、ぜひスモールハウスを加えておきましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。