太陽光発電って何?いまさら聞けないメリット・デメリットを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
太陽光発電

太陽光発電が注目を浴びています。

近頃、街中の屋根の上を見ると、太陽光発電システムが設置されている家を見る機会も多いのではないでしょうか。

太陽光発電は、自然エネルギーの太陽光を利用するため電気代がかからず、また、余った電気は電力会社に売ることができるとして注目を浴びているシステムです。

しかし、意外と太陽光発電がどういったものかについては知られていないのではないでしょうか。

今回は、そんな太陽光発電について紹介します。

太陽光発電とは

太陽光発電は、太陽の光エネルギーを受けて太陽電池が発電した直流電力を、パワーコンディショナーという機器を使い、電力会社と同じ交流電力に変換することで、家庭内のさまざまな電気機器に電気を供給できるシステムです。

太陽光発電で作った電力を使い、日々の電気代を安く抑えられるだけでなく、発電した電気量が家庭で使用する電気量を上回ったときは、電力会社へ送電(逆潮流)し、買い取ってもらうこともできます。

太陽光発電のメリット

0f4c477fadfdf3b58a29f5f279b1ffc1_t

太陽光発電を設置することで様々なメリットを受けることができます。

電気代が安くなる

太陽光発電は太陽光をエネルギーとして発電するので、費用は掛からず電気を生み出すことができます。

生み出した電気が家庭で使用する電気量を上回らない間は、ほぼ電気代がかかることなく電気を使用することが可能です。

余った電気を売ることもできる

発電した電気量が余った場合、電力会社が買い取ってくれるという制度があるのでお得です。

環境にやさしい

ca2e4a07f45bab8f0f1de5ed2efea4c1_t

太陽光はほぼ無尽蔵なので太陽光発電はクリーンエネルギーの代表格です。

石油を燃焼させて電気を起こす火力発電のように、発電時に二酸化炭素や硫黄酸化物、窒素酸化物などの大気汚染物質を発生させることがありません。

災害時にも発電できる

大規模な災害などが原因で電力会社からの電気の供給がストップしても、太陽光発電は家庭に電気を供給することができます。

停電状態でも家庭での電気を絶やしません。

設置場所を選ばない

太陽光発電は、例え少ない面積でも、設置する場所の広さに合わせて自由に大きさを決めることができるので、それぞれの施設に合った機器を設置することができます。

太陽の光さえ確保できれば、屋根や屋上だけではなく壁面にも設置が可能です。

また、建物だけでなく、空き地であっても変わらず設置することができます。

メンテナンスが簡単

太陽光発電システムは構造的にシンプルなのでメンテナンスも簡単です。壊れにくいのでメンテナンスの費用が少なく済みます。

太陽光発電のデメリット

良いことばかりに見える太陽光発電も、デメリットが全くないわけではありません。

次に、太陽光発電の持つデメリットを見ていきましょう。

初期費用が高い

太陽光発電を、一般的な家庭に導入するためには初期費用としておよそ120~200万円かかると言われています。

毎月節約した電気料金や電力会社が買い取った料金を考慮したとしても、元を取るまで数年間かかってしまいます。

また、実際の設置には、頭金の準備やローンの活用などが一般的なので、費用の捻出方法を検討しなくてはいけません。

天候に左右されやすい

e5e15fd60ce53cfb0818e93bbaef10d0_t

太陽の光をエネルギーとして利用するため、天候によって発電量が大きく左右されます。

設置をする場所の日射量や屋根の向きなどについて十分な調査が不可欠です。

雪や雨が続く時期は発電量も大幅に下がります。

この場合は、普段と電気料金と変わらないようになってしまいます。

故障すると修理費がかかる

メリットで説明したように、壊れにくい太陽光発電システムですが、絶対に壊れないということはありません。

もし修理をしなければならなくなったときは、高額な費用が発生するかもしれません。

場合によっては発電量以上の費用がかかる場合もあるので、事前に保険に入っておくと安心です。

まとめ

いかがでしょうか?

今回は太陽光発電について紹介しました。

導入することによって様々なメリット・デメリットが生じることが分かっていただけたかと思います。

初期費用が高額のため、敬遠されることも多い太陽光発電ですが、分割ローンでの支払いや、毎月発電した節約できた電気料金から折半して支払うというようなサービスも増えています。

新しいシステムである以上、デメリットも多いですが、現状では、デメリットを補ってあまりあるメリットのほうが大きいと言われています。

しっかりと調べたうえで、機会があれば太陽光発電の導入をご検討してみてはいかがでしょうか。

 

電気代に関しては、こちらの記事もご覧ください。

SNSでもご購読できます。