メリットは冬に暖かいだけじゃない?断熱リフォームで夏に涼しい生活

断熱材の画像

みなさんは、暑い夏をどのように乗り越えますか?

冷たい食べ物、飲み物を摂る方や、避暑地に遊びに行くなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、やはり暑い夏を乗り切るためには冷房が欠かせないものです。

そして電気代やエコの観点から見ても、エアコンの効率的な稼働はとても大きな関心ごとの一つですね。

エアコンをガンガン効かせているのに、お昼から午後になると効かくなったり、夜になって外気温が下がっても、部屋の中がムシムシするなんてことありませんか?

その原因は、壁や屋根の断熱対策不足の可能性があります。

そこで今回は、夏を快適に過ごすための断熱リフォームについてご紹介します。

冬だけじゃない。夏に発揮する「断熱」の効果

グリーンカーテンの画像

「断熱」というと、冬場、外の冷気が部屋に入り込まないよう、また温かい空気が外に逃げないようにするものと思いがちですが、それは逆でも言えること。

「外の暑い空気を家の中に入れず、冷気を外に逃さない」ことも、「熱を遮る」ことになります。

その一端が、夏の省エネ対策として人気の「グリーンカーテン」。

グリーンカーテンとは、ゴーヤや朝顔のようにつるの伸びる植物を、おうちの窓や壁沿いに育てる植物のカーテンです。

グリーンカーテンの植物の葉から水分が分泌されるので、周囲の温度が下がります。

それによって、植物越しに入ってくる窓からの風は涼しく、壁沿いのグリーンカーテンのおかげで部屋の中に熱を通しにくくなるんです。

日光による気温上昇は侮れず、植物で日光から壁を守ることは、自然の断熱材を利用しているのと同じことなんですね。

グリーンカーテンのような断熱対策があるように、壁の温度上昇が室内に影響してしまったり、エアコンで冷やされた室内の空気が温まったり、無駄に逃げたりしてしまわないためには、断熱は必要不可欠。

つまり、断熱は冬場だけではなく、夏にも力を発揮するのです。

グリーンカーテンのような自分でできる断熱対策は良いのですが、自分ではできなくリフォーム業者に頼まなければいけない場合もあります。

月々の電気代の節約や、おうちの老朽化を防いで長持ちさせるためにも、断熱リフォームについて、しっかり考えていきましょう。

まずは自分で診断

屋根裏の画像

断熱リフォームに興味をもったら、まずは自分の家が断熱されているのかどうか、自分で調べられるところは調べてみましょう。

最初のポイントは、築年数です。

1980年に省エネ基準が導入され、それ以降は建築時に断熱材などを入れることが一般的になりました。つまり、それ以前の家には断熱材が入っていない場合もあります。

また、冬に1階の床が冷たくて冷える、夏の2階の部屋がとても暑い、などの状況であれば、断熱されてない可能性があります。

次に、それぞれの場所を目視で確認することです。

床下や屋根裏など、自分で確認できる場所があれば目視で確認しましょう。

断熱材には、繊維のものや発泡プラスチックのものがあります。

目視した時に、断熱材がなく壁が直接見えるようなら要注意です。

自分で確認できない場合は、業者の方に頼んで確認してもらいましょう。

近頃は、ホームインスペクションと言って建物診断をしてくれる業者があるので、ぜひ利用してみることをオススメします。

断熱リフォームはリフォーム会社に相談

断熱リフォームの画像

断熱材が入っていなかったり、断熱材が劣化していては、いつになっても快適さを手に入れることができません。

夏の快適さを手に入れるために本格的な検討を開始するなら、一度、リフォーム会社にチェックをお願いしてみるとよいでしょう。

リフォーム時に断熱に関する施工をする人も多いですし、断熱のためだけのリフォームも多く行われています。

しかも今は、断熱リフォームに力を入れて、その家にどういった断熱が最適かを提案してくれる断熱診断などを行ってくれるリフォーム会社もあります。

1階だけ、2部屋だけの部分的リフォームも効果的

リフォームの規模は様々です。

壁全体を取り換えて断熱材を導入するといった大掛かりなものになると、引っ越しが発生したりしますが、現在は、1部屋だけ、1階部分だけ、2階部分だけ、屋根だけといった部分リフォームを提唱するリフォーム会社が増えています。

これなら、普通に生活しながらリフォームができるので、不便さもなく予算も抑えられますね。

家全体を断熱リフォームするのではなく、普段よくいる部屋と、キッチン、浴室をリフォームというのもアリなのです。
部分的断熱リフォームでも、家全体の効率を見て検討してみてください。

しかし、部分的な断熱リフォームができるとはいえ、窓だけを変えるなどの小規模な断熱リフォームは、熱気の逃げ場がなくなって逆に暑くなった例もあります。

まずは断熱診断を行い、暑さ寒さの原因は何か、家全体からトータルで確認してみましょう。

その上で、どこを断熱すれば効率よく、冬は暖かく夏は涼しい家になるのかを知り、断熱リフォームを具体的に検討することができます。

屋根を断熱して、エアコンを効率的に

2階など屋根付近が暑く、エアコンの効きが悪いようでしたら、屋根からの輻射熱が原因と考えられます。

屋根への断熱シートの設置のほか、天井への断熱材設置、換気の工夫などで温度上昇を抑えることができるので、屋根付近の断熱リフォームは重要です。

最近では、屋根の断熱と天井の断熱の両方を合わせて行うリフォームが多いようです。

そして屋根裏に換気口を付けることによって、屋根裏に溜まった熱気を外に出すことができます。換気口によって空気の循環が起こるので、暑さを防ぐだけでなく湿気も防ぐことができるので、カビ対策にもなるのでオススメです。

断熱リフォームのメリット

af20280f756d67e56e2fda6931ee7082_s

断熱リフォームのメリットはたくさんあります。

まず、省エネになり電気代を抑えることができることです。

外気温度が高くても断熱材のおかげで、おうちの中に熱が伝わりにくいため、エアコンで涼しくなった部屋の温度を大きく下げることはありません。

エアコンを控える背景に、エネルギー問題や電気代があるならば、それが解消されることによって気軽にエアコンを使うことができ、部屋の中でも起こる熱中症の予防ができます。

見落としがちなのが、普段の健康面。

いくら断熱リフォームをしてエアコンの効きが良くなったからといて、必要以上に体を冷やすのはおすすめできません。

また、夏バテは温度差の激しい場所を行き来することで発生するので、エアコンがついていない部屋との温度差は極力少なくしたいものです。

熱のこもる部屋やおうち全体を断熱リフォームすることで、家自体の温度が外気よりは低く保たれるので、エアコンの設定温度もおうちの中の温度と差がない程度に設定することができます。

まとめ

エアコンの画像

夏を涼しく快適に過ごすための断熱リフォームについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

断熱の効果は、冬だけではなく、夏場にも力を発揮します。

断熱リフォーム単独はもちろんですが、もともとのリフォームに加えて断熱を施す場合は、断熱材の追加費用で済むため、経済的ですね。

施工場所、工法、範囲にもよりますが、場合によっては30数万円程度の追加費用で収まる場合もあるそうです。

「断熱」を使いこなして、快適で涼しい夏にしましょう。

白蟻駆除へのバナー